Post

        

160907 おしっこpH観察記録①

category - 事件簿
2016/ 09/ 07
                 
ララのおしっこpH観察記録


 2016/09/07 午前3時 (わざわざ起きたのではなく、私の活動時間です)

療養食を食べて4時間後のおしっこです。

療養食の後にヨーグルトを水で薄めたものを飲ませました。

画像はありませんが、pH6

お留守番直後のおしっこがアルカリ性に傾いていたので心配しましたが弱酸性でした。


 2016/09/07 午前10時30分頃

これも画像はありませんが、pH6

3種類の試験紙で測定したのでたぶん正解かと。



いったいpHの正常値はいくらかなのか。

いろいろ調べてみると6.2~6.4ぐらいという見解が多かったです。

ということは、試験紙でpH6となっているのは良い感じということかなぁと思っています。


尿のpHは野菜を多く取ればアルカリ性に、肉類が多いと酸性になるようです。また、一日のうちでも変化するらしいです。

pHだけを目安に一喜一憂しないほうが良いという獣医さんのブログもありましたので、観察記録は育犬勉強のため継続しますが、大幅にブレなければビクビクしないようにしたいです。



以下、私見です。今後の状況で考えが変わるかもしれませんが。


数日ですがpHを測定した結果、

水分摂取量と尿の膀胱内残留時間がpHに影響しているかと考えています。

療養食は始めてまだ1回しか食べてないのでそんなに影響はないかと思っています。



ストラバイトと診断された時に獣医さんから療養食を勧められましたが、ララが全く食べなかったので切り替えられませんでした。

(ララは食に敏感というか、貪欲ではないからです・・・)

なので、出来るだけ水を飲ませて、膀胱に溜まっていると思われるキラキラを排出させるようには工夫しました。

好物のスイカやメロンのひとかけらを指でつぶしたものを水で薄めると香りに騙されてゴクゴク飲んでました。

また、ヤギミルクやヨーグルト(無糖)を水で薄めたものも飲んでくれます。

ララは「フードを食べません」という自主断食の時があるので、その時はササミの湯がき汁をかけたりもしました。

とにかく、この2週間ほどは水分摂取量を意識しました。


時々、キラキラがある???ない???というおしっこシートの状況ですが、酷い時のように砂状の物や塊はありません。

近々、病院で経過観察のためチェックしてもらう予定なので、その結果を見てみないと何とも言えませんが。


人間でも美味しいものを食べて生きたいのに、短いわんこの人生で食べたいものを食べさせないのは可哀想だという私の基本的な考え。

もちろん人間の食べるものは食べさせていませんし、ララの体質や体に良くない物は与えていません。

病院食が味気ないように、療養食ばかりになっても味気ないと思うと悩みます。


今回用意した療養食は意外にも好んで食べてくれて一安心。

経過観察は続けます。









スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント